駆ける、懸ける、書ける、欠ける

今週のお題「かける」

 

 「かける」にはいろいろな同音異語があるが、私がまず頭に
浮かんだのは、「駆ける」だった。
 子供の時から、原っぱを駆けまわったりして、走るのは好き
だった。まだ、Jリーグができるはるか昔に、サッカーを部活で
選んだのも、そういうことと無縁ではないと思う。
 皇居の周囲をランニングしたこともあるが、マラソンに参加
するほどのフリークではなかったため、今ではほとんど走って
いない。
 ただ、駅伝を見たりするのは好きなので、気持ちでは駆けて
いる。


 芭蕉の最後の句は、「旅に病んで夢は枯野をかけめぐる」だ
ったのだが、人生を懸けて旅に出、句作を行った俳人だった。
 俳句の世界ではなくても、人生を懸けて挑んでいる人たちも
多くいる。
 アフガニスタンで亡くなった中村医師は、砂漠に運河を引き、
人々の幸せのために尽くした。
 僻地で医療に取り組む人や教育に取り組む人の中にも、人生
を懸けている人が多い。

 世の中に奉仕するだけでなく、芸術や学問の世界では究める
ことに人生を懸けている人も多い。そういった活動が、社会の
発展の力になっている。


 そういった人たちに比べて、自分はどうなのかを問うと、あ
まりにいい加減に生きてきたように思える。
 サラリーマンになったのも、大学を卒業するにあたって、ど
こかに就職しないといけないので、何となく会社を選び、たま
たま拾ってもらった会社に長く勤めてきただけなのだ。
 新聞に「私の履歴書」を書いてもらう人は、それなりに人生
に目的を持って過ごしてきた人なのだろうが、自分で己が来し
方を書けるかというと、さして中身がない。
 まあ、凡人には凡人の生き方があると自分を慰めるしかない
のかもしれない。


 平安時代藤原道長が、「この世をば 我が世とぞ思ふ 
望月の 欠けたることも なしと思へば」と詠ったのを学んだ
時に、権力者としての傲慢さを感じると思うに、上り詰めたら
下るしかないのを気付いていないのだろうかとも思った。
 この歌を詠んだのは十六夜なので、実際には満月から過ぎた
日なのだが、ほとんど月の違いはわからない。
 しかし、月の満ち欠けがあるので、やがては月も欠けて無く
なっていく。違いは分からなくても、やがて衰えていくという
ことを知るのは、今の日本を見ているようにも思える。

 人生いい時もあれば、悪い時もあるし、欠点を抱えている人
だって、努力すれば欠点を克服できることもある。
 欠けた陶器を金接ぎするように、欠点をうまくつないでくれ
るものが、今の日本には求められているのではないだろうか。

豆四題

今週のお題「マメ」

 

 マメと言われて、まず思い浮かぶのは、大豆と小豆だろうか。
他にも色々な豆はあるが、子供の頃から馴染みのあるのが、この
2つだ。

 もうすぐ節分で、豆まきと言えば、大豆を炒ったものが昔から
使われている。コロナ禍で、地元のお寺の豆まきが中止になって
しまったのだが、そこで使われていたのは、パックに入った豆だ
った。
 豆まきをした翌朝には、豆を拾ってきれいにしていたのだが、
パックに入っていれば、無駄にならないということなのだろうが、
何となく味気ない。

 豆が好きなのはハトで、畑に豆を蒔いて何もしていないと、嘴
で豆を掘り返して食べたりする。なので、芽が出るまでは、網を
かけておく必要がある。
 昔は、枝豆が大豆と言うことを知らなくて、種袋から出して、
大豆だったのかと気が付いた。
 それまでは、枝豆の苗を買ってきていたし、緑色のままで収穫
して食べていたので、大豆というイメージが湧かなかった。

 今は、大豆のほとんどは外国からの輸入なのだが、納豆、味噌、
醤油、豆腐など大豆製品は和食の定番になっている。それだけ、
日本中で大豆が栽培されていたということなのだろう。
 味噌を作るほどの土地はないので、プランターで枝豆栽培程度
なのだが、朝どれの枝豆はおいしいので、毎年のように栽培して
いる。


 小豆は、和菓子やしるこなどの材料として使われるのだが、あ
んこが嫌いという人には、関心がないだろう。
 赤飯にも入れたりするのだが、赤飯は「ささげ」という似た豆
を使うことも多い。
 有名な和菓子屋さんで使う小豆は、大粒の大納言という品種が
多いのだが、家庭ではそこまで拘ることもないだろう。それより
は上手に煮るのが結構難しい。
 NHKの朝ドラで、「おいしゅうなあれ」と言いながら、小豆を
炊くシーンがあったが、じっくりと煮崩れしないように、また、
甘さをどの程度にするかといった砂糖の加減や水加減にも慣れが
いる。
 なので、面倒な時は出来合いのあんこを買ってきたりするのだ
が、店によって味が違うので、贔屓が出てくる。

 私が好きなのはどら焼きで、先日も上野の展覧会の帰りに、
うさぎや」へ行ったのだが、生憎定休日で買い損ねた。東京に
は「うさぎや」として有名な店が3店あるので、どこかでは買え
るのだが、展覧会で歩き疲れていたので、あきらめて帰った。
 今年は兎年なので、正月は「うさぎや」のどら焼きを買いたか
ったが、年末は余裕がなかった。
 去年の正月は、「うさぎや」でなく、「すずめや」のどら焼き
を買ったのだが、営業時間の見直しで、年末のどら焼きの販売を
止めてしまったので、それも買えなかった。


 正月に食べる豆と言えば黒豆だが、これも丹波産のものが一番
良いよされていて、高級料亭のおせちには、必ず丹波黒豆の煮た
ものが入っている。
 世の中で売っている丹波黒豆は、丹波地方で採れたもの以外の
ものも多いので、本物の味は食べた人しかわからないかもしれな
い。
 自分の家で黒豆を煮ると、小豆同様に煮崩れせず、ふっくらと
仕上げるのが大変で、また、黒い色を出すために釘を入れるとか
するのも面倒なので、やはり出来合いの瓶詰を買ってきたりした
こともある。
 子供の頃は、お歳暮で黒豆の瓶詰を貰ったりすると小躍りして
喜んだ。おせちに入れるのは、少量なので、そっとつまみ食いを
したものだった。

 今は、高級な黒豆でなくても、スーパーで売っている袋入りの
黒豆で十分満足している。食卓に少しだけ煮豆があるだけでも、
バリエーションが出て豊かな気分になる。


 豆の最後は、コーヒー豆。昔はインスタントコーヒーが主で、
瓶入りのものを買っていたのだが、いつの頃からか、コーヒー豆
の挽いたものをドリップして飲むようになった。
 最初の頃は、コーヒーミルを買って、自分で挽いたりしていた
のだが、今はもっぱら挽いてある豆を買ってきている。
 ドリップもネル袋を使ったりしたが、今は、安いコーヒーメー
カーと紙の濾紙の組み合わせで済ませている。
 基本、毎朝コーヒーを入れて飲むので、結構な量になる。昔は
豆の種類にもこだわっていて、ハワイコナとかモカマタリとかが
好きなのだが、値段の関係もあり、そこそこの値段で買えるもの
を選んで買っている。
 そういう意味では、コーヒー通の生活ではなく、生活の一部に
コーヒーがあり、朝コーヒーを飲むと一日が始まるという感じで
いる。イタリア人なら、朝仕事の前にエスプレッソを飲むのだろ
うが、エスプレッソマシンは高いので、今はこれで満足している。

 

試験には運もあれば、出会いもある

今週のお題「試験の思い出」

 

 受験シーズンを迎えてのお題ということだろうが、
試験には入学試験のような選抜試験と技能レベルを
見る資格試験がある。
 どちらの試験も受けたことがあるが、合格した試験
よりは、落ちた試験の方が思い出ある。

 
 最初に落ちた試験は大学入試で、その結果浪人する
ことになった。人生における挫折という感じの人もい
るかもしれないが、私の場合は落ちるべくして落ちた
ので、それほどの悲壮感はなかった。
 まあ、親にしてみれば、半分は仕方ないと思い、何
とできの悪い子をもったものだと思ったことだろう。

 二度目の大学受験は、志望を変え、複数受験をして
二浪だけは避けることにした。
 今はどうか知らないが、合格すると入学金を払わな
いといけないのだが、他の大学に行くことにすると、
入学金は返してくれない。
 そこで、順番に合格していけば、第一志望の大学ま
で、入学金を払わないでいけるように、スケジュール
を組んで4校を受験した。

 1校目の大学は首尾よく合格したのだが、2校目で
つまずいてしまった。
 さて、1校目の入学金を払うかどうかが問題になっ
た。親としては二浪は避けたいので、払うことにした
のだが、結局、その後第一志望に合格したので、その
入学金は帰ってこなかった。
 入学金を払った学校からは、校章までもらい、幽霊
学生のような感じだった。ちなみに、その学校へは学
部が違うものの従兄弟が入学した。


 4校受けてみて思ったのは、試験は実力だけでなく、
運のようなものもあると。
 結局、倍率が高いところは、ちょっとしたミスが大
きく影響するし、倍率が低いところは実力が接近して
いるので、どのような科目を選択するかとか、自分の
得意分野が出題されたとかが合格を左右する。
 ただ、実力が伴わないと、試験に合格しても、入っ
てから苦労するというのを実感することになった。


 入学試験よりドラマチックなのは、就職試験だった。
こちらも入試同様、真剣さがないため、なかなか内定
をもらえなかった。
 そもそもこの会社に入りたいとか、こういった仕事
をしたいとかいう希望がなかったので、相手もこいつ
はダメだと思ったのではないだろうか。
 結局、面接での内定がもらえず、ペーパー試験を受
けることになったのだが、ペーパー試験で通る人数は
限られている。
 今考えると相当いい加減だったのだが、受かれば儲
けもの、どこかの会社には入れるだろう位にしか考え
ていなかった。

 ペーパー試験の1社目は、かつての電電公社で、受
験者も数千人規模ではなかったかと思う。
 当然ながら、落ちたのだが、2社目の試験で数学の
問題で同じものが出た。
 当時は、ペーパー試験を外部の業者が作成したもの
を使っていたのだろう。さすがに同じ問題を二度やれ
ば、楽に回答できた。
 結果は合格。面接で、「きみは数学ができるね。」
と言われたが、本当のことは言えないので、適当に胡
麻化して、内定をもらうことができた。


 それがよかったかどうかは分からないが、結局、そ
の後の人生を左右することになったのだから、何が起
こるかわからないというのは、全てについて言えると
思う。
 諦めずに、自分の思いを貫いていれば、そのうち何
かいいことがあったり、いい出会いがあるのではない
だろうか。

 

あれこれあるけど、できるかな

今週のお題「あったかくなったら」

 

 寒くて家に籠っているだけでなく、あれやこれやとやら
なければならないことが増えてしまって、あったかくなっ
たらやろうと思っている今日この頃。


 まずやりたいことは、庭仕事。今まで畑っぽくしていた
ところが潰れてしまったので、プランター栽培中心にする
つもりなのだが、苗を買って植え付けるのは、あったかく
ないとできない。
 スナップエンドウは、冬越ししているのだが、本格的に
仕立てるのは、あったかくなってからでないとできない。

 庭の敷石を並び替えて、転ばないように整備するのも、
あったかくなってから。
 整備が終わったら、壊れてしまった鳥の餌台を作り直し
設置するのが待っている。

 それ以外にも、椿を植えたいとか言っているし、埋もれ
た花々を復活させるといったことも考える必要がある。
 庭仕事は、究極の道楽みたいなもので、次から次へと要
望が出てくるのだが、私一人ではやりきれない。


 次に待っているのは、不用品の整理。部屋の片づけと同
時に出てきた不用品が、そこそこ溜まっているので、売る
か欲しい人にあげるかするしかない。

 買取業者に持ち込めるようなものは簡単だが、年数がい
っているものの使えるものは、捨てるとエコではないので、
欲しい人にあげることにしている。
 ただし、ただあげると言っても、それなりに動作確認を
するなり整備してあげる必要がある。
 寒い部屋ではやりたくないので、あったかくなったらと
先送りしている。


 墓参りは、彼岸頃になるが、それだけでなく故人の命日 
が1月とか2月だと、天候の問題もあって、雪国には出かけ
ずらい。
 去年は、コロナとかの関係で、省略した先もあるので、
今年はあったかくなったら出かけたいと思っている。

 ウイズコロナになってきているので、亡くなった人だけ
でなく、旧交もあったかくなったら復活させたいと思って
いる人は多いのではなかろうか。

 中国の春節が復活してきているので、今年は中華街にも
出かけてみようかと思っている。


 こうしていろいろ書いてはいるのだが、あったかくなった
らと言わず、定期的に検診に行かなくてはならないし、確定
申告の準備もしないといけないしと、あったかくなる頃には、
もろもろの雑事も追いかけてくる。

 今年こそはと思いつつ、時間を効率的に使えない私がいる。

2023年にやりたいこと

 

 私は過去を振り返るのがあまり好きでない。
何故なら、過去を振り返ると苦い思い出や辛
い思い出が多く出てくるからだ。
 そういうこともあって、次は何をしようと
考えることの方を好んできたのだが、現在が
過去の延長にある場合は多い。
 そこで、2022年を踏まえて、2023年にやり
たいことを述べてみよう。


 2022年に限った話ではないが、歳がいって
くると一年が過ぎるのが早く感じられる。
 あれもしたい、これもしたいと思いながら、
実際には雑事にかまけ、意思も弱いため怠惰
に流されていくというのが実情だ。

 ある程度の収入を確保しながら、時間的な
余裕を持って、そこそこの楽しみを過ごすと
いう目標は、今年も変わらない。
 美術館へは、妻が会員になっている所も含
め年6回以上行きたい。
 コンサートは、都民交響楽団の会員になっ
ているが、年3回以上は行きたい。
 観劇は、都の半額補助がある観劇会などを
使い、年2回は行きたい。
 温泉旅行は、予算的なものもあるが、年1回
は行きたい。
 

 収入面は、僅かばかりの個人年金が終わりに
なったので、月に15万円稼ぐ目標を上げて、月
20万円にしたい。
 もっとも、必ず稼げるという保証も確信もな
いのだが。
 断捨離も含めて、資産の整理をする必要も出
てきている。
 手間もお金もかかるのだが、計画的にやらな
いとパニックになる可能性がある。
 これが、2023年最大の課題ではないかと思う。


 懸念事項は、親の介護をどうするか。だまし
だましやってきた感はあるが、そろそろ危なく
なってきている。
 どこまで面倒を見れるか分からないが、施設
へ入ってもらうということも検討の必要がある。
 一方で、子供が住宅取得を支援してもらいた
いという要望が出てくるかもしれない。
 いずれにしても、まとまった金になると、右
から左という分けにはいかないので、やっかい
なことになる。


 積み残しになっているDIYも、少しは手をつけ
たいし、家庭菜園というほどではないが、プラ
ンターでの栽培についても、今年は何をしよう
か考えないといけない。

 そうやって、あれこれ考えているうちに今年
も一年が過ぎていくのだろうか。
 

日銀の政策変更に思う

 

 日本銀行が、長期金利のコントロール目標とする金利
変動幅を0.25%から0.5%に拡大した結果、為替は円高に、
株価や債券価格は暴落した。
 以前より日銀OBの経済評論家からは、変動幅の拡大につ
いて提言があったので、別に驚きはしないが、タイミング
については、いろいろな意見が出ている。
 また、総裁の説明は、これまで言っていたのと違い、利
上げではないとか、金融緩和という方針に変わりないとい
う、あまり納得感のない説明になっている。


 この件についての評論は、見方の違いがあったりするし、
そもそも金融制度そのものを理解していないような記者が
意見を書いていたりするので、何が本当なのかよくわから
ない面もある。
 実際のところ、総裁の説明以前に、日銀内部でどのよう
な検討があったのかということは分からないし、本音の部
分は、総裁や関係者の口からは今までも話されることはな
かったので、今後も総裁退任までは分からずじまいになる
のではなかろうか。


 日本銀行における金融調節について、知っている人なら
短期金利の上げ下げと資金量の調節で行われてきたことが
主だということをわかっていると思う。
 短期と長期の違いは、期間1年を超えるものが長期で、
それ未満は短期というのだが、金融緩和というのは、この
短期金利を低めに誘導し、資金を潤沢に供給するというこ
となので、そういう意味では緩和は継続されている。
 一方で、長期金利は主として国債金利を指標として、
市場の需給において決まるというのが、一般的なルールで
これはFRBを見ても分かるように、長期金利を引き上げてい
るわけではない。

 かつては、日銀は長期金利のコントロールはできない、
という風に思われていた。
 長期金利をコントロールするためには、今のように無制
限に国債を買わなければいけないのだが、それをするとい
うことは、需給を基本とする債券市場を壊すことになるた
め、できないかやってはいけないというコンセンサスが、
あったということだと思う。

 
 異次元緩和として、鳴り物入りで打ち出した金融緩和だ
が、それほど効果がないため、また、政府の国債発行が巨
額になるにつれ、長期金利を低めに抑える必要が出てきた
ということだと思う。
 日銀は、国債の発行については政府と国会が決めること
なので、そちらに聞いてくれと言い、政府は金利は日銀が
決めることなので、そちらに聞いてくれと言って、互いに
批判の矛先をかわしてきているのだが、実際のところは暗
黙の了解があると見た方がいいだろう。


 現在のイールドカーブコントロール(YCC)は、国債
を中心に債券の年限に応じて金利を低く抑えることを目的
としている。
 あくまで、低金利により経済が活性化するという建前で
運用してきているのだが、実際のところ最大の恩恵を受け
ているのは、多額の国債を発行している政府になる。
 今までの0.25%という金利が、必要十分という根拠は特
に示されていないので、それが0.5%になったとしても、
アメリカに比べれば十分低金利と言えないわけではない。

 ただ、問題なのは、債券全体のイールドカーブ金利
の方にシフトしているにもかかわらず、日銀が指標として
いる10年ものの国債が、0.25%で押さえつけられていた
ため、いびつなカーブになっていたというところがある。
 今回の変動幅拡大で、そういった歪みは修正されるのだ
が、今後また歪みが生じないという保証はない。


 
 日銀が0.25%で大量に国債を買ったこともあり、日銀の
保有国債が全発行量の5割を超えてしまっているというの
を問題視する人もいる。
 確かに国債残高全体が、GDPの2倍を超えるという巨額
な中で、さらに5割を超えるというのは異常に違いない。
 国債残高が膨らんでも、政府が潰れるわけではないし、
デフォルトになるわけでもないのでいいではないかという
輩もいるのだが、金利を人為的に低水準にすることがどこ
までもできるのは、日銀が今のような政策を取っていれば
こそで、実質的な日銀引き受け状態になっていることに関
して問題ないと言い続けるのもどうなのだろうか。

 日銀の残高が5割を超えたというだけでなく、特定の回
号では、実際の発行残高以上の債券を日銀が保有するとい
う事態も発生しているし、新発債の入札当日に、日銀がオ
ペで買い入れをするということまで発生している。
 特に後者の場合、形式的には第三者の所有している国債
を買取しているとは言え、当日に移転するというのは実質
引き受けしていると言われても仕方ないと思う。
 こういった状況が、今回の変動幅の拡大に至った理由で
はないかと私は思っている。


 いずれにしても、防衛費の議論にも見られるように、財
源が不足するなら国債発行すればいいのではないかという
議論は、余りに無責任過ぎるのではないだろうか。
 おそらく、国債の残高を気にしない政治家は、いくらで
も発行するので、国債を償還することはできないだろう。
 その結果は、単なる借り換えではなく、永久国債として
債務を固定化しようとするか、法的制約を取り払って、日
銀の直接引き受けをするようになるのではないだろうか。


 国債の残高は、過去の政府の支出の結果なのだが、その
支出が効率的かつ不正なく行われたかという点に関しては
心もとない。
 国の借金は個人とは違うのだが、税金であれ国債であれ、
適正な支出が行われていなければ、支出が際限なく膨らん
でいき、不正や非効率があっても誰も責任を取らないとい
う結果になるのではないだろうか。
 市場が機能していれば、金利が上昇して発行に制約がか
かるのだが、そうならないのは、今の日銀が加担している
からと言っても過言ではないと思う。
 安全保障だけでなく、防衛費を契機に国債に関する真剣
な議論をするべき時期に来ているのではないだろうか。 

 

永年付き合ってきたものとの別れ

今週のお題ビフォーアフター

 

 師走という言葉ではないが、ここ一月ほど忙しくて
ブログを書く余裕がなかった。
 ただ、時間的な余裕がなかったというよりは、精神
的なゆとりが無かったというところも大きい。
 ビフォーアフターというお題にも関係してくるが、
永年付き合ってきたものとの別れとその後をどう構築
していくのかということがある。

 
 別れの一つは、実家の庭が道路拡張で大幅に削られ
てしまったこと。
 道路拡張の話は、何十年も前からあり実現するはず
がないということで、実家もリフォームをしていたの
だが、オリンピックの開催が契機になったのかどうか
はしらないが、突然進展して用地買収が始まった。
 但し、始まってから既に四、五年は経つものの進捗
は6割位ではないかという感じで、実家もやっと今年
実施することになった。

 お役所仕事という言葉があるように、完成予定時期
はあるものの、遅れたからと言って誰が責任を取ると
いうのでもないし、担当者が異動して話が変わったり
するので、真面にはやってられないという気もした。

 そうは言っても、いつまでも引き延ばしていると、
相続も含めた話になって、ややこしくなるので、今年
やることにしたのだが、今まであった庭や樹木が無く
なってしまうと、かなり殺風景で住環境が悪くなった
と感じる。
 いずれ道路拡張で整備された道路ができると、さら
に違った環境になるのだろう。

 
 家の近くを歩いていると、道路拡張とは別に、昔か
らあった大きな区画の家が壊されるのをよく見かける
ようになった。
 あるものは二世代住宅になり、あるものは賃貸住宅
になり、あるものは細切れの分譲住宅になった。

 相続や個人の事情、道路拡張などで街の風景が変わ
っていくのは仕方ないのだが、前から住んでいた人間
と移り住んできた人間では、意識も人付き合いも違う
し、それの繰り返しで発展して来たのが東京という街
なのだとも感じる。


 今まではあまり意識していなかったが、時の流れの
中では、皆がビフォーアフターを経験していくことに
なり、ビフォーを知らない人間は、感傷に浸ることな
く新しい生活を作っていくのだろう。
 一方で過去を知る人間は、過去をひきずりながらも
気持ちを切り替えて生活していくのだろうか。

 もう一つの別れは、永年の友人が亡くなったことで
あるのだが、こちらの方は、気持ちを切り替えられず
にいて、雑事に紛れさせ思い出を薄めていこうとして
いる自分がある。